介護用のリフォームや有料老人ホーム等老後の生活を考える

介護のための工事

リビング9

介護のリフォームを行う場合、一般的には階段の手すりをつけることや、段差を減らすことがメインの目的とされています。少しでも介護が行いやすいようにあらゆる所を工事で変えていきます。

Read more »

リフォームのメリット

クローゼット

介護リフォームを行うことにより、介護している側の負担を大きく減らすことができます。階段の昇り降りを複数人でやらないと行けない場合も、リフォームを行うことですぐに登れるようにする等利点があります。

Read more »

介護用のリフォーム

リビング2

高齢化が深刻な社会問題になってから、介護という言葉をよく耳にするようになりました。介護老人ホームなどの施設に入る方もいますが、家庭で介護をしている方も、多く見受けられます。健康な時は、あまり気づかないものですが、要介護状態になると、家庭の中にも不自由で危険な個所がでてきますので、リフォームが必要になります。良く知られているのがバリアフリーへのリフォームです。ちょっとした段差でも、足が引っかかってしまい、転倒の危険があるため、玄関から廊下、リビングに至るまで、段差がないようにリフォームします。もう一つ良く知られているのは、手すりを付けるリフォームです。廊下やトイレなど、つかまって歩いたり、腰を上げ下げする時に支えになるものとなります。介護用リフォームの需要が高まるにつれ、特化した業者もあり、材質などを拘らなければ、安い価格で対応してくれる業者も増えています。

高齢化社会と言われても、二十年前は、これほど介護ということを意識していませんでした。2000年代にはいると、高齢化による問題が顕在化し、介護もその一つです。もともとバリアフリーは、公共施設の入り口をスロープ状にするなど、行政主導で推し進められました。その後、介護のための居住スペースとして、バリアフリーや手すりなど、現在知られているものが、一般家庭でも取り入れられるようになりました。近年では、新築物件の時点で、既にバリアフリーの設計になっているものも多く、手すりなどについては、必要な時に取り付けることが可能なように、カスタマイズ前提で設計されるようになっています。今後は更に高齢化が進むので、このような取り組みは非常に重要なことです。

有料老人ホームの条件

模型の家2

有料老人ホームは入居する施設によって条件が異なります。介護職員がいる施設といない所があり、介護がどの程度必要かによって入れる施設がことなります。食事や緊急時の対応を行ってくれるので、安心して住めます。

Read more »

車いすでの乗れる

大工

福祉車両は、、車いすのまま乗り込むことができる車両です。電動で上げ下ろしをすることが可能で、総合病院や老人施設等で使用されることがあり、足腰の弱いお年寄りや車いすのお年寄りに使用されることがあります。

Read more »

老人ホームのサービス

模型の家

有料老人ホームは規定や施設の規模等様々なものがあります。健康上の問題等で希望しているところに入れないこともあるので、相談をしながら決めていきます。事前に入居者がどのような生活をしているのか知ることが大切です

Read more »