介護用のリフォームや有料老人ホーム等老後の生活を考える

車いすでの乗れる

大工

皆さんは、福祉車両という車を知っていますでしょうか。この頃は、高齢化のために、車イスのまま乗り込める自動車両が見かけられます。よく見かけるのは、総合病院前での乗降の都度でしょう。福祉車両は電動の乗降が、可能になっています。病院前や老人施設の、玄関前になると、お年寄りを乗降で送り終える車をよく見かけますでしょう。これには福祉車両への、注意喚起をする、ドライバーの皆さんもおられるでしょう。概ね福祉車両へは、介護タクシーや、送迎タクシーの表記が目立ちます。さらに急患の場合の、タクシー運行や外出による体調の変化があります。こういった福祉車両を見かけると、皆さんはより一層の、注意で運転をおこないましょう。

また先ほども述べたように、改造型の福祉車両などの幾種類が、みられます。大半は足腰の弱い方向けの、車両仕様になっています。そのまま乗り込めて、乗降の際だけ、電動リフトの降車をするタイプもあります。それから車イスから、一切降りなくて、ビルトイン式に乗降するタイプとあります。どちらにしても、福祉車両を利用する人に、とっては外出のドライブなど、の負荷は大きいでしょう。もし皆さんが、病院の玄関や駐車場で、福祉車両を見かけたら見守りをしましょう。どうしても、乗り降りに便宜のいる、車両なのです。かんたんに、電動リフトを侮るなら、大変な事になるでしょう。まずは皆さんが、想像するより遥か、電動リフトの操作技術は難しいのです。そのうえで、福祉的援助が必要な方、が乗っているので十分な配慮をしてあげましょう。